アロマセラピーとは


◎アロマセラピーとは

アロマセラピー(芳香療法)はハーブなどの自然植物の、「花びら」「枝」「茎」「根」「種子」「樹脂」等から抽出された香りの成分である「精油」(エッセンシャルオイル)を用いる自然、植物療法の一つです。


この精油を使ったトリートメントは心地よく、その香りの成分はストレスを軽減させ、血液の循環をよくさせるなど「身体」だけでなく「心」の健康も促します。

なぜアロマは体だけでなく心のケアにも使われるのか。

精油1滴にも様々な作用があり期待される効果も多くあります。

例えば、美顔にしみしわ予防、老化防止、美白効果、心に対してはリラックスはもちろん、集中力アップ、免疫力アップ、感染症予防、かぜなどの諸症状のケアに(鼻水、鼻づまり、咳、のどの痛みなど)ブログ記事